業者に依頼すると高いフローリング修理は自分の手で

どんなに気を付けて暮らしていても、子どもがいる家庭や思いがけない落下物などでフローリングに傷がつくこともあります。



そんなとき、業者に修理を依頼すると、数万円といった修理費がかかることもあります。


そこでもっと手軽に修理する方法を覚えておくことが便利です。



傷が浅い場合は、ホームセンターなどで手に入れることが出来る補修材を利用するといいでしょう。



クレヨンのような形状となっており、フローリングの色に合わせて何色か色を組み合わせて傷に擦り込んでいくものです。
1500円ほどで購入することが出来るため、家に常備しておくといいでしょう。

傷が深い場合は、この補修剤を熱で溶かして傷に流し込んで使用します。

少し多めに補修材を流し込み、完全に乾いてから表面の余分な部分をパテなどでそぎ落とします。
そのとき、せっかく流し込んだ傷の中の補修材も削ってしまわないよう注意しましょう。
また重い家具などを置いてあった場合、フローリングに凹みが生じることもあります。
もしフローリングが無垢材を使用しているのであれば、スチームアイロンを使用して修理することが出来ます。

木の性質として、水分を含むと膨らむというものがあります。

この性質を利用して、凹んでしまったフローリングを再び元の状態に戻すことが出来ます。

水分を含ませた布を凹んだ部分に置いておきます。

しばらくして木材が水を含んだ状態になったら、乾いたハンカチなどの上からアイロンをあてるのです。


このように業者に修理を依頼する前に、一度自分たちでいろいろな方法を試してみるといいでしょう。

top