フローリング修理を行う際の注意点

フローリングの修理は、小さい傷程度なら自分で直せます。


ホームセンターなどに補修専用のテープは販売されており、傷の上から貼るだけで見た目が良くなります。
色や柄も豊富にあるので、フローリングの柄に合わせられるため便利です。

ただし深く削れてしまった場合は、テープではなく、傷を埋めるタイプの補修キットが有効です。
また、ワックスをかけるように塗るだけで、修理できる液体タイプもあります。
ただし持ち家の補修であれば、自分が満足できる範囲の補修で済みますが、賃貸物件の補修は異なります。自己判断で補修しても、退去時の補修代が安くなるわけではありません。

プロの補修と素人の修理では全くことなります。

さらに持ち家の場合でも、経年劣化によって色が薄れたり、素材が反り返ったりした場合は、工務店や業者に頼んで、張り替えをしないとなりません。



相場としては4万円前後ですが、張り替える面積や業者によって費用は異なります。



またフローリングの種類によっても、値段は変わります。

天然木の1枚をフローリング材として使っている単層タイプは、張り替えも高くなります。



一方、複合タイプは、表面に使っている表面材と下地部分が異なる床材で、比較的安価な費用で張り替えが可能です。


このタイプは下地部分を変えることで、床暖房や遮音性、調湿性などの機能を持たせることができます。

現代家屋ではよく使われているフローリング材で、デザインや色なども豊富に用意されているのが特徴です。

top