自分でできるフローリング修理 - フローリング修理の仕方について

自分でできるフローリング修理

ものを落とすなどをしてうっかりフローリングを傷つけたり、家具で跡が残ってしまうことがあります。修理業者に頼んで直してもらう方法もありますが、張り替えなどでお金がかかってしまうことも考えられます。
大きな傷であれば業者に頼むことが無難ですが、少しの傷であれば自分でも十分に直すことができます。
フローリング修理に役立つグッズとしては、軽い傷であればキズ隠しテープで十分に対処可能です。
色や柄の種類が豊富なため、フローリングにあったものを選べます。本格的な傷にも対処するキットも販売されています。

深い傷のある部分に専用のパテを詰め込み、色や木目を再現して修復するタイプや熱で溶かしてえぐれや凹みを修復するできるタイプのものなど様々なものがあります。

中には、専用のクレヨンを温めて柔らかくした後に、傷の部分に塗りこんで冷ますだけの修復材、こするだけで傷を消せるシート、気になる部分に塗るだけの木用のマニキュアなどもあり、傷の状態に合わせて選ぶことができます。



自分の持ち家を修理するときには特に注意点はありませんが、マンションやアパートなどの物件では修理するときに注意点があります。


自分で直したからといって、退去するときにフローリング補修のクリーニング代がかからなくなるというわけではないということです。



どんなに綺麗に治したとしても、プロの修理と自分でやったものとでは全然違います。



また、失敗すると余計にフローリングを傷める原因になるため、傷の状態にあったアイテムを使うことも大切です。

top